消費者金融の借金問題を法律相談所に依頼

消費者金融のキャッシングの返済ができなくなり、延滞が続くようになりました。消費者金融からはたびたび連絡がくるようになり、具体的にいつ入金できるのか聞かれます。しかし返済する予定が立たない状態で、はっきりと断言することができませんでした。そのうちに取立てが厳しくなってきて、自分では解決できないと考えて法律相談所を活用したのです。対応する弁護士は紳士的で高圧的な態度を取ることはありませんでした。

 

確かに一部には高圧的な弁護士が存在するようですが、本当にごく一部とのことです。テレビドラマに登場する弁護士のイメージが根付いていましたが、実際にそうした方は少ないとのことです。

 

法律相談所の相談料は0円で、債務整理の依頼をする場合に料金が発生する仕組みでした。キャッシングの借入は90万円に達していましたが、利息がなければ完済できると考えていたので、任意整理を依頼することにしました。弁護士からも任意整理を勧められ、その理由として解決までの時間が短いこと、債権者の同意を得られやすいこと、などが挙げられましたね。

 

任意整理では利息を全額カットしてくれたので、それ以上は借金が増えることはありません。その後は毎月25000円ずつ、3年間かけて元金90万円を返済していくことになりました。