生活費を借金することに

それまでは借金と無縁の生活を送っていたのですが、パチンコにハマってしまいお金を借りることになってしまったのです。打つために借りたわけではありませんでしたから、借金地獄に陥ったというわけではないのですが、生活費を使い果たしてしまったことで、給料日になったばかりにもかかわらず金欠になってしまったのです。

 

あっという間に給料が溶けてしまい、取り返そうという気持ちも出ないほどに萎えてしまい、これからどうやって生活していこうと思ってしまいました。それでも、なんとか2週間は乗り切ったのですが、そこで完全に所持金はゼロになってしまったのでどうすることもでき無い状態になりました。これは不味いと思っていたところ、無利息キャンペーンがある消費者金融の広告を目にしたので、ちょっとぐらい良いかなと思って利用をすることにしました。

 

パチンコが原因というのが情けないというか、やってはいけないことをしてしたという感じで利用は躊躇ったのですが、最初は金利もないということで背に腹は代えられず利用をしたのです。何とか無事にお金を借りることができ乗り切ることができましたが、借金を返済して以降は遊びでお金を使い果たさないように程々に遊ぶことを覚えました。

 

借金は無理してでも早く返したほうがいい

結構大きな借金をしてしまったのですが、毎月定額の支払いだったのでそれほど負担にならなかったためいつかは返済ができるだろうと思っていました。ところが、このような返済の仕方というのは毎月の負担自体は少ないものの、元金の減りも遅いのでほとんど金利だけを払っているようなもので、全然借金が減らない状態だったのです。

 

一年ほど払い続けて残高がたっぷり残っているのを見て、さすがにこれは不味いと思うようになりました。いくら、返済の負担が無いからと言ってこのままのペースではいつ返し終わることやら、総額はいくらになってしまうことやらと思うと悠長に返済していられないと考えるようになったのです。そこから生活を切り詰めて返済をするようにしたのですが、最初はきついものがありその段階で安易に借金はするものではないと気が付きました。

 

途中で挫けそうにはなったのですが、返済が滞ればまた借金が膨れ上がってしまいますから、ここが踏ん張りどころと頑張った結果、元金も大分減って楽になったのです。ある程度減ってくると金利の負担というのも小さくなってくるので、返済額を少なくしても余裕を持って返済をすることができました。

 

借金は時間をかけるのではなく、特に最初の方は無理してでも早め早めに返済した方がいいと勉強になりました。

 

借金もして投資をしている

投資をしていてまずまずの成果を残すことができているのですが、更に利益を増やしたいと借金して投資をしてみることにしました。投資は余裕のある範囲でと言われますから、借金するというのは絶対にしてはいけないタブーということになるわけですが、自分の考えとして金利以上の利回りを稼げれば借りる価値はあると考え借金に踏み切ったのです。

 

とはいっても信用三階建てをするような真似をするのではなく、IPOの申込みの資金にしてみたり、優待狙いのクロス取引の資金や分売に申し込むために使うと言ったほぼリスクがない運用の仕方しかしていません。このようなやり方でしたら破産のリスクもなく、多少金利が高くてもそれ以上の利回りを得られますから借りるだけの価値は十分にあるかなと思っています。

 

ただ、労力に対して儲けが少ないのでそこまでする必要があるかなと言う気はしますが、資金が少ないうちは借金をしてでも少しずつ資産を増やして種銭を作っていくのが良さそうです。借金は悪いものだと思われがちですが、上手に運用をすることができて増やすことができるのであれば、効率よく資産を増やすことができるわけなので、リスクがなければ一考の余地ありですね。

関連サイト

  • 特定調停で借金を減らせた

    費用が安い特定調停の概要とメリット、デメリット、実際に借金を減らせた体験談など。

  •  

  • 多重債務

    多重債務の悩みを解決するための様々な方法を体験談を交えて紹介しています。